v

Wonderful World

Live the way you want. スキルアップしながら趣味で人生を豊かに

英会話ですぐ使えるリダクション一覧表

f:id:paperplain:20200824004858j:plain

リダクション一覧表

リダクション = 普通の時の書き方(意味)

例文 (和訳)

上記のフォーマットで紹介していきます。

 

wanna = want to (〜がしたい)

 I wanna eat (何か食べたい)

 

gonna = going to (〜する所である)

 he is goona come soon (彼はもうすぐ来ます)

 

gotta = got to (〜しなければならない)

 I gotta go now (私は今いく必要があります)

 

gotcha = got you (あなたのために)

 I gotcha pancakes (パンケーキをあなたのために持ってきたよ)

 

see ya = see you

 see ya tomorrow (また明日)

 

what's up = What is up (何があった?/ どうしたの?)

 what's up man? (どうしたの?)

 

donno = do not know (わかりません)

 I donno where he went (彼がどこにいったのかはわかりません)

 

cuz = because (なぜなら)

 I'm not going to school cuz I feel sick (今日は学校に行かない、なぜなら風邪っぽいから)

 

til = until (〜まで)

 I have to finish this assingment til noon (昼までに課題を終わられないといけない)

 

shouldda = should have (〜すべきだった)

 I shoulda bought that one (あれは買うべきだった。

 

wouldda = would have (〜するはずだった)

 I wouldda vist him, if he was home (彼が家にいたら、訪れるはずだった。)

 

couldda = could have (〜する事ができた)

 I couldda win that game (あの試合は勝てた)

 

mightta = might have (〜したかもしれない)

 I mightta forgot my notebook (ノートを忘れてきたかもしれない)

 

musta = must have (〜したに違いない)

 I mustta forgot my textbook (教科書を忘れたに違いない)

 

hasta = has to (〜しなければならない)

 he hasta wait (彼は待たなければならない)

 

gimme = give me (私に〜をください)

 Gimme my pencil (鉛筆を渡して)

 

lemme = let me (私に〜させて)

 Lemme help you  (私に手伝わさせて)

 

kinda = kind of (〜のような)

 its kinda wired (少し変だ)

 

sorta = sort of (〜のような)

  It was sorta okay party (あのパーティーはまぁまぁよかったよ)

 

※kind of/ sort ofは後ろの単語を和らげる効果があります。直訳することをしない場合もあり、形容詞や名詞を弱くするために会話でよく使われます。

 

lotta = lot of (たくさんの〜

 that' a lotta people comed (それは多くの人が来たんだね)

 

wussat = what is that (それは何?)

 wussat you eating (何を食べているの?)

 

firstable = first off all

 firstable I would like to intoreduce my friend (まずは、友達を紹介します)

 

ASAP = as soon as possible (今すぐ)

 I need you here ASAP (今すぐこっちに来て)

 

 リダクションは、基本ビジネスやきっちりした場面では使いません。テキストメッセージや友人と会話する時にメインで使われるのます。ビジネスメールや、大学の論文などでは使わないようにしましょう。