v

日々是新ー日々是好日

フリーランス営業マン・バスケットバール馬鹿。スキルアップを考えながら日々挑戦しています。

英会話 スラング一覧 挨拶〜日常会話で使えるフレーズ集

 

 

スラング一覧表

 

 英会話に慣れてきたら、ネイティブの人のようにスラングを使って話したいと思うようになるでしょう。スラングは日本でいう方言のようなもので、使えるようになる事でアメリカの人からの近親間を抱いてもらえます。気をつけていただきたいのは、イギリスやオーストラリアでは、ほとんどスラングを使わない事です。ここでは主にアメリカで使われるスラングを取り上げていきます。旅行の時や留学の時に実際に使えるものをピックアップして紹介します。

 

多くのスラングと例文を載せているので、ここにある英語を全て覚えるだけで英会話のレベルがかなり上がるでしょう。一つずつ自分で使うシチュエーションを思い浮かべながら発音して覚えていきましょう。アメリカに留学中の方や、留学を計画している方にはぜひ覚えておいて欲しいモノばかりです。

 

 まずは、挨拶の時に使えるスラングを紹介します。

スラング =意味

例文 (日本語訳)

 

※説明や補足

上記の形で一つずつ紹介していきます。

 

 

挨拶で使えるスラング

 

what's up!? = どうしたの?/ どんな感じ?

 Morning man what's up? (おはよう。今日はどんな感じ?)

 

※whay's upに対しては、what's upで返事することもできます。

 

How's it going? = 元気ですか?

 How's it going man? anything new? (元気?何か新しいことあった?)

 

※how are you?と同じ意味です。goingの発音は砕けるので、go-inと発音し、最後のgはほとんど発音しません。返答は、It's going wellや I'm doing wellが一般です。

 

Howdy = 調子はどうですか?

 Howdy man (調子はどう?)

 

※howdyはテキサスや決まった地域で使われる挨拶です。昔のカウボーイのような印象を受けます。しかし、使わない地域で使うとどこから来たの?と聞かれるかもしれません。

 

later = 後でね

 I'll talk to you later/ I'll see you later (後で話すよ/ また後でね)

 

※laterは別れる時に使います。goodbyeやsee youよりもlaterの方が親しい友達の間ではよく使います。テキストメッセージの最後にもlater(また連絡する)だけで終わらせることもあります。すぐまた会おうという意味合いも含まれています。

 

日常会話で使えるスラング

 

◎I get it = 理解した

 finally, I get it about that math problem (やっとあの数学問題を理解したよ)

 

※I understandを同じ意味ですが、I get itの方がよく使います。understandは少し形ニュアンスで会社や、軍隊などで上司に対して使う事が多いです。

 

◎I'm down = 賛成

A) Do you wanna come to my house for lunch tommorow? (明日うちにランチしに来る?)

B) yeah. I'm down(いいよ)

 

※意見や相手の提案に賛成の時は、I'm downを使いましょう。一般家庭や学校、職場でもよく聞こえる話し言葉です。

 

◎my bad = ごめんね

 my bad. i will be on time next time (ごめん。次はちゃんと時間を守るよ)

 

※sorryよりもこちらの方がよく使います。深刻でない場合はmy badで乗り越えましょう。sorryは強い単語なので、本当に自分が悪い時や真剣に謝らないといけない時に使いましょう。

 

For sure = もちろんだよ

 A) can you pass me the salt (塩をとってよ)

B) For sure (いいよ)

 

※of courseと似ています。相手の要求に対して答えれる時にfor sureを使いましょう。

 

To hang out = 出かける

 Let's hang out tommorow (明日一緒に出かけよう)

 

※友達を誘う時に使います。誰かと出かけるという時も、I'm going to hang out with (

somebody)と言えます。

 

To chill out = リラックスする

 I just want to chill out this afternoon (今日の夕方はリラックスして過ごしたい)

 

※outを付けずにI'm just chill(リラックスしているだけ)としても通じます。暇しているときや何も予定がない時に友達に何しているの?と聞かれたらjust chillと答えましょう。

 

awsome =すごい/最高だ

 that movie was awsome (あの映画はとても良かった)

 

※アメリカで若者から年寄りまで、幅広い年齢で使われます。感想を聞かれた時など、すごいと感じた時は、Awsome! と答えれば間違いないです。

 

◎sweet = いいね

A) I plan to visit Jane this weekend (今週末ジェーンの所に行こうと思うんだけど)

B) sweet. I'm coming with you  (いいね。一緒に行くよ)

 

※ここでのsweetは甘いという意味ではなくで、awsomeやcoolと近い意味を持ちます。オシャレな男性が使っているイメージを受けます。

cool = かっこいい/ いいと思う

例1)It was cool event (かっこいいイベントだったよ)

例2)A) How do you like my idea? (このアイデアどう思う?)

   B) I think its cool.(いいと思うよ!)

※一般的にcoolは寒い/冷たいという意味なので、文脈を把握する必要がありますが、かっこいいやいいと思う、という時にもよく使われます。

 

◎lame = ダサい/ 残念な

 I don't like that restrant its a bit lame (あそこのレストランは好きじゃない。少しダサい)

 

※古い表現ですが、今でも耳にすることはあります。coolと真逆の意味です。

 

Wheels = 車

 I don't have wheels to give you ride (車がないから送ってあげれないよ)

 

※Wheelsはタイヤという意味ですが、アメリカでは車を意味する場合でも使えます。タイヤを指す場合は、a wheelと単数形で話します。

 

To have a crush on (somebody) = 一目惚れした

 I have crushed on the girl (who), we met at party yesterday(昨日のパーティーであった子に一目惚れしたよ)

 

※良く使われよ表現です。異性に引かれた時や心を奪われた時に使います。

 

To Dump =別れる

 I have dumped her last month (先月彼女とは、別れたよ)

 

※恋人を振った時に使います。To be dumpedで振られたという意味になります。

 

Hook up = 一晩の関係

 we only hooked up once (一回だけ一晩の関係があったよ)

 

※異性と一晩だけの関係で終わってしまい、深い関係はなかった時に使います。

 

Ex = 元恋人

 She is my ex (彼女とは以前付き合っていた)

 

※付き合っていたが別れた後の恋人の事を、exとアメリカでは呼びます。

 

pasted out = 酔い潰れる/吐く

 You was pasted out yesterday (昨日酔い潰れて吐いていたよ)

 

※お酒を飲み過ぎて倒れたときや吐いている状況を示します。

 

check = 若い女性

 That check is cute (あの子かわいいね)

 

※若い人々の間でよく使われる話し言葉です。若い女性や遊んでいる女性を指します。

 

comma =若い女性

 lets go to hook up with commas (女性を探しに行こう)

 

※ネイティブの人でなかったら上の表現は全然わからないのではないでしょうか?commaはcheckとほとんど同じ意味ですが、ストリッパーなど売春婦を指す時もあります。

 

◎screw up / fuck up = 大失敗した

 i just fucked up my first date (最初のデート大失敗したよ)

 

※fuck upは若者の間でよく使われます。何かに失敗した時などの表現として使われます。screwed upは幅広い年齢層で使われる表現でアメリカでは、よく耳にします。

 

◎Buck = ドル

 can you rent me 10 bucks? (10ドル貸してくれない?)

 

※アメリカでは、紙幣の事をbucksといいます。1・5・10・20・50・100ドル紙幣があるのをよく覚えておきましょう。100ドル札は両替が不便なので、街の小さなストアなどでは使わせてもらえない事が多いです。空港や銀行で日本円を両替する時は、なるべく『I want it with out 100 bucks(100ドル札以外でください』と言って、100ドル札は避けましょう!持っているのを見られると、お金持ちと思われて、スリや強盗に狙われることもあります。基本は10と20ドル札を使います(コインもほとんど使いません)