v

Wonderful World

Live the way you want. スキルアップしながら趣味で人生を豊かに

渡邉選手ロケッツ戦で16分出場

 

 

グリズリーズvsロケッツ

 

 2月26日(現地時間)に行われたメンフィス・グリズリーズヒューストン・ロケッツ戦で渡邉選手が16分の出場時間を与えられ、2得点、3リバウンド、2アシストを記録しました。

 

グリズリーズの公式Twitterでも渡邉選手のプレーが取り上げられていました。)

 

 

 グリズリーズは主力のジャレン・ジャクソンJr.選手とブランドン・クラーク選手が欠場する状況で上位ロケッツとの厳しい試合になりました。ルーキーで新人王最有力候補に挙げられるモラント選手に勝敗は託されましたが、ロケッツの強力なオフェンスに苦しみました。

 

ロケッツはシーズン終盤とプレーオフで勝ち上がるためにインサイドのカペラ選手を放出し、スモールラインナップで独自の戦術を組み立てながら戦っています。上手く機能している時は、インサイドがいない事を有効に生かしてハーデン選手とウェストブルック選手の得点が伸びています。グリズリーズ戦でもハーデン選手が30得点、ウェストブルック選手は33得点。

 

140得点をチームであげたロケッツがグリズリーズを28点差で下しました。

 

 最近Gリーグで活躍が目立つ渡邉選手は与えられるプレータイムが少しずつ伸びています。ここが勝負所でしっかりアピールを頑張ってほしい所です。このままグリズリーズでセカンドユニットとして定着すれば、2020プレーオフに出場することもあり得ます。

 

8位グリズリーズ はロケッツに負けたことで9位トレイルブレイザーズと2.5ゲーム差しかないですが、踏ん張ってプレーオフ進出を決めてほしい場面です。今後も注目の試合が続きます。

 

 


Houston Rockets vs Memphis Grizzlies Full Game Highlights | February 26, 2019-20 NBA Season