v

日々是新ー日々是好日

気になった事や日常の変化を更新しています。バスケットボール関連多いです。

八村選手怪我の経過状況 ウィザーズvsブレイザーズ

 [目次]

 

八村選手 怪我の状況

 

 八村選手は2019年末、12月17日に行われたピストンズ戦で味方イサック・ボンガ選手と衝突した際に鼠蹊部(もものつけ根)を怪我し、年末からチームを離脱して治療に専念していました。12月26日に発表された詳細によれば、大きい怪我ではないが本人が痛みを感じると話している為にまだ様子を見る必要があるとの報告でした。

 

ヘッドコーチである、ブルックス監督は”長い離脱になりますか?”と言う質問に対して、”いやいや、痛みがあるだけで長期の離脱にはならないよ”とコメントしていました。痛みがなくられば練習に参加させていく様で、ブルックス監督は”若い選手だから1週間ほど練習に参加できればすぐに試合で起用できる様になるだろう”とコメントしていました。

 

2020年に入り、まだ復帰の目処が立っていない八村選手ですが、本日(1月4日)開催されたウィザーズvsブレイザーズ戦では会場に姿を現しベンチでチームメイトを応援している所を見せてくれました。

 

 

 胸につけている『八』サインのネックレスが特徴的です!試合の解説をしていたレポーターも”あれは日本語のキャラクターかな?特徴的で目を引くね”と取り上げていました。英語ではアルファベットを使うので、漢字をCharacter(キャラクター)と呼びます。八村選手はTwitterのアイコンにも『八』を使っているので今後、トレードマークになっていきそうです。

 

 

ウィザーズ怪我人 リスト

 

 ウィザーズはシーズンの約半分を経過した現在多くの怪我人を抱える状況になってしまい厳しいシーズンになっています。1月4日現在の怪我人リストと復帰目処を紹介します。

 

  • ジョン・ウォール (今季は復帰が間に合わない予想)
  • CJ・マイルズ (今季復帰なし)
  • 八村 塁 (後数週間欠場予定)
  • モリッツ・ワグナー(後3週間以上の離脱)
  • デイビス・ベルターンス(ブレイザーズ戦の後から復帰予定)
  • ブラッドリー・ビール(day-to-day ブレイザーズ 戦は欠場予定)
  • トーマス・ブライアント(1月第2週目から復帰予定)

 

 ベルターンス選手とビール選手はday-to-dayの調整で、毎試合様子を見ながらベンチ登録していく様です。1月2日のマジック戦では出場していたビール選手ですが、ブレイザーズ戦は欠場する様です。

 

若手のワグナー選手、ブライアント選手、八村選手は1月下旬〜2月上旬にかけて復帰が見込まれている予定でウィザーズも2月からやっとメンバーが揃った状態での試合に臨む事ができるでしょう。

 

多くの怪我人を抱える中で、ブルックスHCにとっては采配が難しく厳しい戦いが続きますがシーズン終盤の巻き返しに向かって踏ん張ってもらいたいと思います。

 

 

ウィザーズ vs ブレイザーズ

 

 ウィザーズは1月4日にホーム キャピタルワンアリーナでイースタン9位 ポートランドトレイルブレイザーズを迎え試合をしました。多くの怪我人を抱える中でのシア展開を紹介していきます。

 

スターティング  ラインナップ

 

ブレイザーズ スターティング 5

 

ブレイザーズ注目選手 特集)

www.paperplainlosangels.work

www.paperplainlosangels.work

 

ウィザーズ スターティング 5
  • アイザイア・トーマス (G)
  • ギャリー・ペイトン (G)
  • トロイ・ブラウンJr. (F)
  • ジョナサン・ウィリアムズ (F)
  • イアン・マヒンミ (C) 

 

試合内容+ハイライト

 

 試合は開始早々から驚きの展開でした。ウィザーズのエースポイントガード アイザイア・トーマス選手が審判との接触で1発退場を受けます。

 

審判とのコンタクトはタブーとされているNBAでリプレイを見ると押しているとも取れるシーンで退場を受けるのはしかたありません。カーメロ選手とのボールの取り合いで不可抗力にも見えますが、審判との接触があると予想できる場面ではもっと慎重に対応して所でした。

 

 怪我人とトーマス選手の退場でほとんど控え選手で試合をする事になったウィザーズですが、イシュ選手とトロイ選手の動きがよくブレイザーズ に食らいつく形で点差を開けられずに接戦に持ち込んでいました。前半を終え66ー58ブレイザーズリードで後半戦に入ります。

 

ブレイザーズインサイドホワイトサイド選手の高いディフェンスが効果的でした。合計で5回のブロックショットと21リバウンドを記録しウィザーズのオフェンスをシャットアウトしていました。

 

ホワイトサイド選手がインサイドを固めている為、外からのオフェンスを中心に組み立てていたウィザーズは後半からマクレイ選手の好調が光りました。3Pとドライブからの得点で合計35得点を挙げ今シーズンでのベストゲームになりました。

 

追いかけるウィザーズの勢いを要所でブレイザーズのエース リラード選手の得点で食い止めていました。勝負所と流れを読む感覚はさすがと感じさせられる活躍をリラード選手が見せていました。得点差は10点代と1桁を行き来し逃げ切れるブレイザーズのオフェンスの強さが見られました。

 

結果は122−103ブレイザーズ がウィザーズを下しました。

 

(試合ハイライト) 


Portland Trail Blazers vs Washington Wizards - Full Game Highlights (Jan 3, 2019) | 2020 NBA Season

 

リーディング スタッツ

 

得点

  • デイミアン・リラード 35
  • ジョーダン・マクレイ 35

リバウンド

アシスト

  • CJ・マッカラム 6
  • イシュ・スミス 5

 

 まとめ

 

 2020年に入り、マジック戦とブレイザーズ戦を落としたウィザーズは、5日ウェスタン2位デンバー・ナゲッツ、7日にはイースタン2位ボストン・セルティックスとの試合予定です。怪我人が多い中で上位チームとの連戦になっています。メンバーが揃うのが月末になりそうなので、そこまでの期間をアイザイア・トーマス選手にしっかり引っ張ってもらいたい場面です。

 

ブレイザーズ戦では、試合早々退場してしまいましたが次節からはチームの司令塔としてウィザーズの勝利に貢献して欲しい所です。

 

 1月5日試合後 八村選手インタビュー

 

 

 怪我の状況と今後の経過についてインタビューに答えてくれています。再診断は2週間後になる様で、その時に復帰の目処が明確に判断できるでしょう。本人も客観的に試合を見る事ができてバスケットボールの知識面を勉強できているいい期間と語っているので復帰後の活躍が楽しみです。