v

日々是新ー日々是好日

気になった事や日常の変化を更新しています。バスケットボール関連多いです。

ワシントン・ウィザーズ 2019ロスター ペイサーズとの接戦を制したのは、、、

 

八村選手が所属するワシントン・ウィザーズ メンバー

 

八村選手がNBAドラフト1巡目9位で指名され契約を獲得したワシントン・ウィザーズロスターと注目選手について紹介していきます。 

 

ーーーーー目次ーーーーー

 

 

 

『ワシントンウィザーズ ロスター

★◎八村 塁 (F)

★◎アイザイア・トーマス (G)

★◎ブラッドリー・ビール (G)

★◎トーマス・ブライアント (C)

イッシュ・スミス (G)

デイビス・ベルターンス (F)

トロイ・ブラウンJr (G-F)

アイザック・ボンガ (G)

ジャバズ・ネイピアー(G)  2月6日トレードイン

ジェローム・ロビンソン(G) 2月6日トレードイン

ギャリソン・マシューズ (G)

イアン・マヒンミ (C)

ギャリー・ペイトン二世(G)  12月23日Gリーグから加入

モリッツ・ワグナー (F-C)

CJ・マイルズ (G) 怪我で離脱

◎ジョン・ウォール (G) 怪我

ジョーダン・マクレー (G) 2月6日トレードアウト

クリス・チオーザ (G) トレードアウト

ジャスティン・ロビンソン(G) 解雇

(★スターター、◎注目選手)

 

 『ウィザーズ エース ブラッドリー・ビール オススメロンT』

 

 

 

 

『ウィザーズ VS ペイサーズ

 ワシントン・ウィザーズは開幕後2勝4敗と苦戦している中で、7戦目にインディアナ・ペイサーズと対峙しました。前半は両者一歩も譲らぬ攻防で10点差内を競り合う試合になりました。

 

一時はペイサーズが13点差をあけてリードするもウィザーズがすぐに巻き返し一桁の点差で前半を折り返しました。第3Qでも一時25点差をあけられたウィザーズでしが、ビールとブライアントの得点により14点差に最終クォーターに繋げます。後半でペイサーズに離され結果121−106でウィザーズは負けてしまいました。

 

 全体としてはディフェンスでの修正が先日ピストンズに勝利した際は相手の得点を99点に抑えれた事が勝因だと感じます。ウィザーズが破れている試合は全て相手に120点以上与えているので、今後失点を減らす事でコンスタントに勝ち星を積み上げていけるのではないでしょうか。

 

 八村選手は8リバウンド1アシストを記録しましたが、無得点で終えました。試合を見ていても八村選手へのディフェンスがハードになっている印象を受けますが、フリーでミドルシュートを打てたシーンもあったのでフリーのシュートはしっかりチャンスをものにして欲しいと感じました。

 

まだまだシーズンは続くので調整を行なって次の試合に向けて頑張ってもらいたいです。皆さんで八村選手のウィザーズを応援していきましょう

 (ハイライトをどうぞ!)

 


Washington Wizards vs Indiana Pacers - Full Game Highlights | November 6, 2019 | 2019-20 NBA Season

 

 

 

ワシントン・ウィザーズ 注目選手2019』

 注目選手まずは、インサイドの八村選手とトーマス・ブライアント選手両選手共に外で3Pも打てる選手でかなりオフェンスの幅が広いです。この二人を中心にピックアンドロールでオフェンスを組み立てる場面がよく見られますが、八村選手が開幕から好調のためい相手ディフェンスからのマークも厳しくなり得点を重ねれない状態になっています。NBAでマークされていくことはこれから避けていけないのでその中でも八村選手にはミドルレンジのシュートで相手を引き出し、力強くリングにもアタックしていって欲しいと感じました。

 

アウトサイドではブラッドリー・ビール選手が試合平均26.5得点とチームの得点源を担っています。NBA7年目の彼の活躍が続けば、ウィザーズのオフェンスも安定してくると思います。

 

デイビス・ベルターンス選手を注目枠に選んだのは、ここ数試合での3Pの安定感です。7試合で3P 50%の成功率を記録しています。ビールのドライブからのキックアウトが形になってきているのでベルターンス選手にも期待です。

 

 最後にPG陣のアイザイア・トーマス選手とジョン・ウォール選手ですが両選手ともに怪我をしておりました。アイザイア・トーマス選手は復帰し7戦目からスターターに戻りましたがジョン・ウォール選手はいまだ復帰の詳細が公表されていません。2019年シーズンを丸々欠場を示唆されているジョン・ウォールですが、彼の早期復帰を願っています。

 

アイザイア・トーマス選手とジョン・ウォール選手は二人ともりーぐ屈指のPGなので二人とも復帰した時がウィザーズの本調子といっていいでしょう。

 

今は負け越していて厳しい状況ですが、メンバーが揃えばプレーオフ進出は狙えるチームなので今後の巻き返しを期待して応援していきたいです。

 

 

 

『ブラッドリー・ビール セットアップ』

ワシントン・ウィザーズ ラバー 7号球 71-037

ワシントン・ウィザーズ ラバー 7号球 71-037