v

Wonderful World

Live the way you want. スキルアップしながら趣味で人生を豊かに

バスケ1on1でディフェンスを抜くコツと技

 

1on1上達への道のり

 

 

 バスケットボールの上達を目指す上で、1on1に強くなることはとても大切です。

 

1on1が上手な人には、ドリブルがうまく突破力に長けた人や、フィニッシュがうまくシュートを決める能力が高い人など色々なタイプがあります。

 

 

シュートは反復練習で確率を上げていく事が大切ですが、ドリブルでディフェンスをかわす為には、緩急や距離感などちょっとしたコツで上達する感覚を掴める事があります。

 

今回はYoutubeに投稿しているアメリカのおすすめコーチの動画を交えながら、1on1の時にディフェンスを抜く方法を紹介していきます。

 

アレン・アイバーソン THE ANSWER [DVD]

 

1on1でディフェンスを置き去りにするドリブルテクニック

 

 アメリカでバスケットボールのコーチをしており、Youtubeに練習方法の動画をアップしている『Thincpro Basketball』から動画を選びました。

 

 コーチは英語で説明していますが、動画の後に日本語解説と翻訳を載せています。動画で動きを確認しながら、日本語解説でコツを掴んで練習に励んでください!

 

 


How to: Top 5 Simple Basketball Scoring Moves That Are UNGUARDABLE!

 

 この動画では、5つのムーブを紹介しているので1つずつ解説していきます。

 

『Move #1』ーヘジテーションクロスステップバック

 

難しそうに見えますが分解していけばそこまで難しい動きではないのでぜひ挑戦してください。

 

①ヘジテーション

②クロスオーバー

③ステップバック

 

 1つ1つ分かれているので、しっかりと1個の動作を行ってディフェンスの動きを確認してから次の動きにつなげてください。

 

※コーチアドバイスは、ヘジテーションで相手ディフェンスをまずは揺さぶる事が大切と言っています。

 

ヘジテーションを見せて、寄ってきたディフェンスにクロスオーバーを仕掛け相手が追いかけてきた所をステップバックで間合いを開けてシュートにいきます。

 

ステップバックをした後、シュートモーションに入る時にコーチの重心とバランスがしっかりしている事に注意してください。

 

ステップバックの後にフェイダーウェーや流れたシュートになりがちですが、まずはしっかりバランスをとって止まれるように練習してください。

 

(このムーブではヘジテーションが大切なので自信がない方はこちらの記事を参考にして練習して見てください。)

ヘジテーションとは? おすすめ練習動画・解説 中上級編 - Why not Ball

 

『Move #2』ーインサイドアウトビハインドシュート

 

 この動きは足の動きに注目して動画を見てください。

 

インサイドアウト

②ビハインドチェンジ

 

2つのドリブルをつなげて相手ディフェンスを揺さぶります。

 

インサイドアウトをする時にボールと逆側の足を前に出した後、動かさないようにコーチは説明しています。

 

右手でドリブルをしていれば左足を前に出してインサイドアウト(相手に左ドライブを意識させる)

 

インサイドアウトの後右足を前に出してビハインドチェンジ(相手に右を警戒させる)

 

右足を体に引きつけそのままシュートにいきます。

 

左足は極力動かさず、右足を引いてすぐにシュート(コーチのようにジャンプストップで両足を一緒に揃えるのはOK)

 

足を動かすとその分シュートへの動きに余分な動作ができてしまい、相手ディフェンスに対応されてしまいます。

 

出来るだけビハインドチェンジの後は素早くシュートモーションに入ってください。

 

左右にディフェンスを揺さぶる動きなのでインサイドアウトは大切です。

 

インサイドアウトのコツは大きくボールを動かす事です。

 

インサイドアウトが小さいくてフェイントになっていない人が多いですが、インサイドアウトをするなら、ドリブルしている手と逆の足を前にしっかり踏み出して手とボールを大きく動かしましょう。

 

『Move #3』ービトゥインビハインドヘジクロス

 

 この動きは上級向けで少し難易度が高いです。

挑戦すればものにできると思うのでどんどん練習してください。

 

ポイントは2段階に動きを分ける事です

 

①レッグスルー

②ビハインドチェンジ

ーーーーーーーーーーーー

③ヘジテーション

④クロスオーバー

 

 レッグスルーとビハインドチェンジはつなげて行い、

その後ヘジテーションをゆっくりかけて素早くクロスオーバーでディフェンスをかわします。

 

レッグスルーとビハインドで相手に仕掛けてくるイメージを持たせてヘジで引き寄せます。ヘジテーションはディフェンスを前に出す動きなので出来るだけタメを作ってゆっくり行ってください。

 

ヘジテーションの後に素早くクロスオーバーで抜きます。その後はジャンプシュートでもドライブでリングにアタックしても両方OKです。

 

 前半のレッグスルーからビハインドは非常に使いやすいです。1on1を仕掛けるときのプレムーブに使えるので活用してください。

 

練習してもらえれば感じると思いますが、レッグスルーをした後ボールは体の横or後ろにあるので流れのままビハインドにつなげていけます。

 

アップの時のドリブル練習に取り入れるなどしてマスターしてください。

 

『Move #4』ークロスヘジビトゥイン

 

 この動きは簡単ですが、ディフェンスを抜くにはコツを掴む必要があるのでポイントを抑えて練習していきましょう。

 

①クロスオーバー

②ヘジテーション

③レッグスルー

 

 クロスオーバーの後のヘジテーションがポイントになります。

 

コーチがヘジテーションをしながら左にスライドをしているのがわかるでしょうか?

 

左にスライドをする事でディフェンスを少しずつ左に動かし、相手に左のドライブをイメージさせます。

 

ヘジテーションで相手をしっかり左に引きつけて1歩で抜ける距離になった瞬間にレッグスルーで加速して右に抜きます。

 

この時に、クロスオーバーではなくレッグスルーを選択するわけはディフェンスとの距離が近くてボールを触られる可能性があるからです。なのでレッグスルーでディフェンスとボールの間に自分の体を置いてドライブにいきます。

 

さらにレッグスルーは足を前に出しながらチェンジできるのでここでしっかり加速しましょう。

 

ポイントはヘジテーションで引きつける事と1歩でディフェンスを抜く距離感を掴む事です。レッグスルーで相手ディフェンスを抜く距離感が掴めれば他の技も混ぜての1on1がさらに楽しくなります。

 

『Move #5』ーサイドホップダブルクロス

 

 こちらは実践の5on5にも効果的な技です。

 

サイドホップでトップから右or左45度まで移動してそこから素早くダブルクロスオーバーでディフェンスを抜きます。

 

サイドホップでディフェンスを動かしその後、突然クロスオーバーを2回挟んで相手に対応する時間を与えずに抜きます。

 

クロスオーバーを決める事が大事になります。クロスオーバーに磨きをかけたい方は以前の記事で上達方法と練習動画を公開しているので参考にしてください。

 

www.paperplainlosangels.work

 

 5on5に活用できると言ったのはコートバランスを整えた後に1on1を仕掛ける事ができるからです。

 

基本バスケットボールではリングしたやポストに味方プレーヤーがいれば1on1は仕掛け難いです。なぜなら味方がいると言う事は、そのディフェンスも近くにいてるはずだからです。そこにドライブすれば相手ディフェンスがヘルプに来ます。さいやくの場合ダブルチームに捕まります。

 

そこでサイドホップを使う事で攻める角度を変えます。

 

ポストにいない方にズレてから仕掛ける事が可能になるので1人抜けばリング下はがら空きでレイアップに持っていく事ができます。

 

ThincPro Basketball オススメスキルコーチ

 

 『ThincPro Basketball』はYoutubeに多くの動画を上げており、質の高い動きを教えてくれています。

 

少しずつ気に入ったものや、練習方法について日本語解説を混ぜて更新していくつもりです。

 

他にも多くの動画が載っているのでよかったら動画を参考にして練習に取り入れて見てください。

 

1on1のスキルが上がることは間違いなしです!

 

 

 

オススメ バスケ練習用器具