v

日々是新ー日々是好日

フリーランス営業マン・バスケットバール馬鹿。スキルアップを考えながら日々挑戦しています。

英語発音練習ー日本人が苦手な発音一覧まとめ(動画付き)

 

 

英語上達に必需な正しい発音を身につけよう

 

 ここでは、英語の発音が正しくできる様にポイントを説明しながら練習方法を伝えます。発音が正しくできるだけで、英語が話せている印象を受けます。逆に発音が下手だと、どれだけ正しい文法で話しても流暢に話せている印象を与えることはできません。

 

自分が英語を勉強する上で苦戦した発音や、多くの日本人の方が不得意とする単語を中心に解説していきます。発音練習は長期間の戦いになります。今まで使わなかった口周りの筋肉と舌の筋肉を鍛えることで、だんだん自然に発音できる様になります。初めはなかなかうまくできない事も多いかもしれませんが、諦めずに練習していきましょー!

 

『th』の発音

 

 多くの日本の方がこの『th』の発音で苦戦していると思います。なぜなら日本語に似た様な音を出す言葉がないからです。今まで聞いたことのない音を発音する事はかなり難しいでしょう。しかし、『th』は英語の中で頻繁に使われます。『think』『this』『that』『brother』『mother』『worth』『clothes』etc.

 

上にあげた様に多くの『th』が日常会話で使われます。英語を勉強していく上で意識的に練習した事はありますか?今までなかったとしたら今がチャンスです。

 

英語の先生が細かいルールと発音の仕方を解説した動画があるので練習してみましょう。すべて英語で解説がされています。留学すれば語学学校で同じ様な授業を受けてみんなで学習します。あなたも家で留学気分を味わいながらぜひ練習してください(動画下部に簡単な解説付き)

 


How to Pronounce TH | The ULTIMATE Guide for English Learners!

 

 ※動画解説とワンポイント

 すべて理解できたでしょうか?ポイントは音を出す『th』サウンドと、音を出さない『th』サウンドをしっかり使い分ける事です。両方の音ともに舌の位置は同じです。前歯の間に置いて、リラックスさせずに固定しておく事です(前に出しすぎない様に注意)。

 

どちらかといえば音を出さない『th』サウンドの方が難しくて習得しにくいですが、使い所も多いです。動画を見ながら先生の発音に近い発音ができる様になりましょう!『three(3)』『thirty』をしっかり発音できる様になれば一人前です。

 

『b』と『v』の発音

 

 次は、微妙な違いで大きく意味が変わってしまう『b』と『v』の発音を練習していきましょう。『berry』と『very』では、全く違う意味になってしまうが最初の音をしっかり発音できないと相手に理解してもらえません。

 

さっそく動画を見ながら練習していきましょう(動画下部解説あり)

 

 

How to Pronounce: /b/ and /v/

 

 ※動画解説

細かい違いが理解できましたか?『b』は破裂音に近い音で、『v』は振動音です。『v』を発音する時は上の前歯を下唇に当てて喉を振動させて音を出します。『ban』と『van』の発音でしっかり変化を助けることができれば一人前です!

 

『PH』と『F』の発音

 『v』に似た音の『F』と『PH』の発音に注目していきます。pとhをくっつけると『f』と同じ発音になります。発音の仕方がわからなかったり、変な発音になることがありますが一度理解できればすぐに習得できます。

 

『phone』『photo』『graph』『trophy』など意外と多くの単語で『ph』を見かけることがあります。発音は難しくないので、音の出し方を理解して練習しましょう!(動画の下部に解説有)

 


How to Pronounce the letters F, FF, PH, GH as the F Sound - American English Pronunciation

 

※解説

 FF、PH、GH、Fの全てが同じ発音である事を説明してくれています。『v』の発音の時と口の形は一緒です。コツは上の前歯で下唇のを軽く抑えます。『v』の時は喉を振動させてバイブレーション音を出しましたが、『ph』の時は音を出さずに息だけを吹き出します。風の音が『ph』の音です。

 

『R』と『L』の発音

 

 舌を丸めたり動かすことが苦手な人は苦労するかもしれないません。『R』と『L』をマスターするには舌をうまく動かして発音する必要があります。

 

さっそく動画を見ながらポイントを整理していきましょう(英語字幕をyoutubeの設定でつけてから視聴しましょう)

 


Perfect Pronunciation! L and R sounds

 

※ポイント解説

『R』と『L』の違いは、舌を動かす『L』のサウンドと、舌を喉元に寄せて動かさず唇を動かす『R』のサウンド。『L』が単語の真ん中にきた時は、舌を上の前歯の後ろにつけて音を出します。『L』が単語の最後に来た時は、舌を上の前歯のしたに置いて軽く発音するイメージです。『R』は舌を動かさずに、唇をしっかり動かす事で発音が上達します。

 

鏡を見て舌の位置を確認しながら練習する事をオススメします。特にシャワーを浴びている時は、浴室が密閉されていて自分の声が聞きやすいので練習場所として最適です。

 

『Really!?』をネイティブのように言おう

 

 日常会話でめちゃくちゃ多くいう機会がある単語『really』"本当に”の発音で『R』と『L』をマスターしましょう。とても良く使う単語だけど、『really』の発音が苦手な日本人の方をよく見かけます。

 

ポイントは『e』にストレス(強調)をおいて最初は発音練習する事です。カタカナで表現してみると、『リイァリィ』です!これを 『リィアリィ』と『ア』にストレスをおいてしまうと『rarely』”めったに/まれに”、と勘違いされてしまいます。

 

このポイントを念頭に、ネイティブ先生の動画で練習してみましょう!(英語字幕をつけて見ましょう)


How to Say "Really" | 1 Minute English | Pronunciation Lesson

 

 補足

ストレスを置く場所を『e』と伝えましたが、状況によっては『a』においても間違いではありません。驚いた時や、相手に問いかける時、形容詞として強調する為に使うときなどで『really』は多くの場面で使えて、強調する場所を変えて使い分けることもできます。

 

しかし、最初は『r』の発音に苦戦する方が多く、ストレスを置く場所を変えると相手に『rarely』と聴き間違えられ、『rally』と聞こえることがあります。その為、最初は『e』にストレスを置いて、『R』と『L』をしっかり区別できるように練習していきましょう

 

上級者はストレスの場所を変えて、色々な場面で『really』の言い方を自分なりに変えれるように工夫して見ましょう!英語で話すときにより感情表現が豊かにできるようになります。

 

 

 

ゼビオでジュニア用品が揃う
Amazon Prime